4月19日 セビリアの朝をお散歩!

c0064819_912995.jpg朝から雲一つない良いお天気!(^^)! 今日はまる1日かけてセビリア観光です。ホテルからCatedral/カテドラルへ向かう途中、ガイドブックを参考にしながらサンタ・クルスの路地を散策しました。まずはCruces/クルセス通りにある小さな広場にやってきました。十字架が3本広場の中心にあります。Crucesとは十字という意味だそう。十字という通りに3本の十字架・・・何か意味があるのかな。





c0064819_97373.jpg狭い小径を抜けるとちょっと大きなPl.Santa Cruz/サンタ・クルス広場に出ました。広場の真ん中にはオレンジの木に囲まれた大きな十字架があります。ちょうどこのときはドイツ人ツアーの団体さんもやってきていました。広場に広がるかぐわしいオレンジの香りに青い空。この強い日差しはオーストリアはまだまだ先・・・。

c0064819_9135699.jpgc0064819_914826.jpg

c0064819_9142534.jpg私たちもドイツ人ツアーの人の後を追いかける形で次のポイントJardines de Murillo/ムリリョ庭園とPl.Alfaro/アルファロ広場の角にある家の2階のバルコニーを広場から眺めました。このバルコニーは木製で凝った装飾が施してあります。ドイツ語のガイドさんの説明を一緒になって聞きました・・・(^^ゞ

c0064819_9203084.jpgAgua/アグア通りを歩いていると、一際人目を惹くパティオがあります。「アルハンブラ物語」を書いたWasington Irving/ワシントン・アーヴィングが住んでいた家だそうです。中には入る事は出来ませんが、多くの人がこのパティオを写真に撮っていました。セビリアには素敵なパティオが沢山ありました。何気なく歩いているのに急に目の前に素敵なパティオが現れるのもセビリアの楽しみの一つです(^^♪

c0064819_933939.jpgサンタ・クルス街はかつてのユダヤ教徒の居住区。狭い路地に昔ながらの白い壁の家が並ぶエリアです。迷路のような路地を気の向くままに歩いていると本当に迷ってしまいます。でも、その「迷う感覚」が楽しい!と思えるから不思議です。

c0064819_9375999.jpgオレンジの香りに包まれた広場に出てきました。路地ももっと散策したいところですが、これからCatedralに向かいます。Catedralも大きいので見ごたえありそう!(^^)! 楽しみです。

★人気blogランキング★
クリックすると応援されます。
いつも応援ありがとうございます(^^)ノ
[PR]
by konikul | 2006-04-19 09:00 | - Spanien
<< 4月19日 カテドラルとヒラル... 4月18日 セビリアの夜景! >>