3月13日 鳥インフルエンザ関連情報

シュタイヤマルク州の州都グラーツ南部の動物保護施設「Arche Noah」で3月6日、飼育されていた猫3匹から鳥インフルエンザが検出されました。この施設からは既に白鳥、鴨、鶏などからから鳥インフルエンザが検出されており、これが猫に感染したのではないかと見られています。感染した猫はMödlingの施設に運ばれ治療中、他のArche Noahで保護されていた170匹の猫や犬はNickelsdorfの検疫所に移されました。<3月7日新聞HEUTEより>

★人気blogランキング★



2月21日
既に日本のメディアでも報道されていると思いますが、先週の水曜日にオーストリア南部のシュタイヤマルク州で白鳥の死骸から鳥インフルエンザが検出されました。そしてこの週末、とうとうウィーン市内(Floridsdorf-Altedonau/ドナウ川岸辺)でも新たに鳥の死骸から鳥インフルエンザが検出されました。今後の情報に注意していきたいと思います。
[PR]
by konikul | 2006-03-13 10:55 | *お知らせ*
<< 3月13日 Jesuitenk... 3月12日 変わりゆく町 >>