5月29日 ウィーン~グラーツの電車!

c0064819_8273243.jpg今日は友達家族の所に遊びにオーストリア第2の都市・Graz/グラーツに行ってきました。ウィーン南駅を7:57に出発するEC151に乗るとグラーツ到着は10:34。この電車の終着駅は隣国スロベニアの首都Ljubljana/リュブリャナです。他国発着の電車の場合、車両はÖbb/オーストリア国鉄もしくは相手国の保持する車両になります。今回はÖbbの車両でしたがこの時間のECにしては珍しく古いタイプでした。少しレトロな座席です。





c0064819_8555524.jpgウィーン~グラーツ間は距離にして214㎞。乗り換えなしの電車に乗って2時間40分です。ウィーンを出発して約1時間くらいするとGloggnitz/グロニッツという駅を通り過ぎます。そうすると電車は速度を落としながらアルプスの山を越えていきます。山越えの時は窓の外はむせかえるような緑。遠くに見える山にまだ雪が残っているのが見えたり、下の方には山間の小さな町並みが見えたりします。ウィーンからグラーツに行くときは進行方向左の座席がオススメです。

c0064819_914790.jpgなぜ左がオススメかというとGloggnitz駅~Mürzzuschlag/ミュールツーシュラーク駅の間、約40kmがSemmeringbahn/セメリンク鉄道として世界遺産に登録されています。世界初の山岳鉄道で、16のトンネルと16の石積みの高架橋があります。高架の一部は2層になっています。谷を見下ろしながら電車はゆっくりと高架橋の上をカーブしながら進んでいきます。

c0064819_9145836.jpgこちらは帰りの電車。グラーツを21:24発のIC654です。車両はコンパートメントタイプでした。コンパートメントは個室になっていて3席ずつ向かい合っています。椅子は座る部分を手前に引っ張ると伸び、向かい合う両方の座席を引っ張るとベッドのようになります。コンパートメントでは知らない人と個室でずっと一緒なので敬遠する人も多いようですが、これはこれで新たな出会いもあって楽しいですよ。


ヨーロッパの国際列車、EC(Euro City)やIC(Inter City)には名称がついています。
今日の行きに乗ったEC151は「Emona」、帰りに乗ったIC654には「Hotel Ibis」という名前がついていました。座席のところにはその列車の案内の小さい紙が置いてあり、何時にどこに止まるとか、接続の電車の案内、何号車に食堂車があるか・・・等が載っています。
余白には広告が掲載されているのですが、IC654はもちろん「Hotel Ibis」の広告でした。
オーストリアにHotel Ibisは7つあるようです。

☆海外旅行blogランキング☆クリックして応援してくれるととても嬉しいです。
Herzlichen Dank!
いつもありがとうございます☆

[PR]
by konikul | 2005-05-29 23:28 | - 交通 & 駅の紹介
<< 5月29日 友達の家でゆっくり... 5月28日 優雅な気分になれる... >>